• 沿線から探す
  • 地図から探す
  • 一覧から探す
  • スタッフに提案してもらう
×

シェアハウスとは

なぜシェアハウスは人気なの?

東京や大阪でもシェアハウスはポピュラーな暮らし方になってきました。シェアリングエコノミーが進むにつれて、ファッションや小物だけではなく、暮らし方でもシェアすることでより上質な空間を堪能し、共有するゆとりある暮らしを始めています。
シェアハウスは各々のお部屋とは別に、共同利用できる共有スペースを持った賃貸住宅のことで、シェアハウスならではの「共有」と「交流」を楽しめることが、日本人、外国人を問わず支持されています。
共有スペースはシェアメイト同士が交流できるリビングなどの他に大きなキッチン、シャワー (浴室)、トイレなどの水周りのスペースなどがあります。その他にも、通常の一人暮らしでは中々手が届かない本格的な楽器演奏が可能な防音室やフィットネススタジオ、パウダールームを備えたある物件もあります。
ハウスの規模や雰囲気、利用できる設備などは物件によってさまざま。内装や家具にデザイン性が高い物件は特に人気を集めています。もちろん日当りや間取りなどの居住性も重視されます。
また、シェアハウスが持つコミュニティに注目し、「ミュージック」、「サイクリング」、「クラフト」、「ガーデニング」など共通の趣味を持つ入居者を集めたシェアハウスやITスキル向上や起業家支援などのビジネスパーソン向けのシェアハウス、シングルマザーを支援するシェアハウスや就活生応援シェアハウスなど、個性的なシェアハウスもどんどん増えています。

一人暮らしをしたいけれど、ひとりじゃ寂しい人や、ひとり暮らしをしなければならなくなった人、みんなでワイワイいいながら生活したい人など、シェアハウスに住んでいる人の理由は様々です。年齢、性別、国籍も様々ですので、異文化交流や、いろんな年代の人と関わってみたい人には人気です。自分の個室もあり、共同で利用するリビングやキッチンもあるので、ひとりになりたいときは、自分の部屋で過ごし、寂しいときや、誰かと話したくなった時はリビングで過ごしたりと、共同生活のメリットはいろいろあります。
数人でひとつの家をシェアして暮らすので、ひとり暮らしをするより家賃が安いというメリットもあります。ひとりでマンションに住んでも、リビングと寝室を分けたり、大型テレビや乾燥機、様々な調理器具を買うことはお金がかかります。
もちろんメリットばかりかというと、やはりデメリットもあります。共同生活ということは、いろんな人と生活を共にするので、人間関係のトラブルや、騒音などのトラブルなどが起こることがあります。また、いろんな年代が一緒に暮らすので、考え方の違いから、トラブルになることもあります。シェアハウスに住むときは、メリットとデメリットをよく知り、自分に合ったシェアハウスを選ぶことが大切です。

シェアハウスで暮らすメリット

シェアハウスには一人暮らしにはないメリットが多数あり、特に住居費を安く抑えたい方に人気です。シェアハウスは、通常の賃貸アパートに比べ初期費用・毎月の費用を抑えてリーズナブルな価格で住めるところも大きな魅力のひとつです。
シェアハウスでは共益費に光熱費やインターネット料金、消耗品も含まれているケースが多くなっており、アパートやマンションを借りて一人暮らしをした場合よりも住居費が抑えやすい傾向が強いためです。シェアハウスは一つの建物に複数の人が居住するスタイルになっています。それぞれの個室はもちろん完備されており、リビングやキッチンなどのスペースは共用で利用するのです。一人暮らしの為にアパート等を借りるとリビング等も専用で使用することが可能ですが、その分家賃や光熱費、家具・家電は丸ごと自分で負担しなければなりません。
しかし、実際に生活をしていく上で専有する必要がある空間というのは意外と少ないものです。リビングやキッチンのように共用することが可能な部分も多く、その分の費用を利用者で負担し合うことが出来るのがシェアハウスの魅力なのです。
また、都心に近い物件に比較的安く住めるので、通勤や通学のための交通費や時間を節約できます。

必要な家具や生活用品などをあまり準備しなくてよいことはシェアハウスのメリットです。多くのシェアハウスではベッドやキッチン用品、家電品等があらかじめ準備されています。住む人が生活できるだけの寝具、身の回り品などを用意すれば十分なので、前に住んでいた自宅やアパートから最低限生活できる物を移動すればOKです。引越しの作業に関しては、家具などの大きな物を除いて住む人が自分で引越し作業を行えるので、必要最低限の料金で引越しができます。場合によってはトランク1つで住み始める方もいます。

シェアハウスでの他者との交流は、あなたの人生が豊かにしてくれるかもしれません。一人だけでも日常生活の様々なことは済ますことができる現代において、他者との繋がりを新しく築く機会は意識しなければ作ることは難しくなっています。入居前までは見ず知らずの人と半同居のような生活を送ることで、否応なく交流する必要性にせまられます。そうして築き上げられた絆は家族の者と同等かそれ以上ものとなり、結果として人生が豊かになるというわけです。シェアハウスで生まれる交流には、仕事の話題をきっかけにしたものがあります。自宅にいながら異業種交流会さながらのトークが繰り広げられます。世の中にはいろいろな仕事に従事している人がいる事実を知り、知識を業務で活かせるようになるかもしれません。また、誰もがもっている人間関係の悩みについて、利害関係にないシェアメイトは相談相手になってくれるかもしれません。ときには目からウロコが落ちるような対応策や価値観を知りことによって、悩みが解消するかもしれません。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスのデメリットも知った上でシェアハウスに住めば、不要な失敗あわなくてすみます。そもそも、デメリットとメリットのバランスで実際にシェアハウスを住むのかを決めたいと思っている方も多いはずです。ここではシェアハウスのデメリットについても、快適にシェアハウスで生活をするためにも基礎知識としてお伝えします。
シェアハウスのデメリットは、シェアメイトとの人間関係が難しい時もあるということがまずいえます。それこそ、生まれも育ちも違う他者と同居する訳ですから、価値観の違いがあるはずです。例えば、相手の生活音がうるさくて気になる、または自分の生活音で相手をイラつかせてしまうということもあります。たまたま、忘れてしまって清掃当番をしなかったということもあります。いつでもたがいに相手を気遣うことができなければ、上手に生活ができないということを知っておきましょう。最初は緊張感があって疲れるかもしれません。ただ、他者であることを尊重することは、シェアハウスで上手に生活することだけではなく、人生を豊かにするうえで大事なことです。
できるだけ同居人とけんかをしないように、自分の価値観を押し通すのではなく、少し妥協することを覚えておくことです。やはり他者と暮らすと価値観が違っていると、いさかいに起こることもあります。しかし喧嘩してしまったら、後々仲直りしなくくなります。だから、けんかはなるべくしないように妥協することも必要かもしれません。そして、もっと大事なのは普段からシェアメイトとコミュニケーションをとっておくことで、許し合える関係を作っていくことが非常に重要であると言えるでしょう。

どんな人たちがシェアハウスに住んでいるの?

私が運営するシェアハウスの場合、入居者の約4割が外国人、約6割が日本人となっています。女性専用シェアハウスですので、当然女性が100%です。
現在日本国内には約20,000~30,000室のシェアハウス物件が存在すると言われています。そのシェアハウスに住んでいる方の多くは単身の社会人です。 世代としては20代後半〜30代前半が過半数を占めています。

「C‘s share」では、4つの動機で入居された方が多いようです。

・外国人の方はワーキングホリデー、留学、インターンシップなどの目的で来日されます。日本の文化や生活に興味を持って、日本語を母国で学んできた人も多く、日本人とシェアハウスで同居して積極的に交流したいと望んでいる方が多いです。

・地方から大阪へ新しい自分の可能性を求めて、移住された方です。大阪には学生の頃住んでいたという人もいらっしゃいますが、はじめての土地で一人暮らしに不安を感じるのでシェアハウスへ入居されるようです。

・いままでは単身者向けの賃貸住宅(アパート)での一人暮らしをされていて、一人暮しに不安を感じたことをきっかけに、シェアハウスで誰かと住みたい入居される方です。

・4つ目は大阪近郊の実家にお住まいをされていて、20代後半になって親から自立したいと思い、シェアハウスに入居される方です。はじめて一人暮しを始めるには初期費用や家財道具にたくさんのお金がかかります。それを節約する目的でシェアハウスを選ばれるようです。また、生活していく上での知恵をシェアメイトから学べることも期待されているようです。

動機は様々ですが、シェアハウスならではの入居者同士の交流がある暮らしや、初期費用の少なさや毎月の住居費の安さなど、メリットを強く感じる方が多いようです。多様化する働き方や、合理的でシンプルな生き方を求める若者、近年の晩婚化も手伝って、より賢く充実したライフスタイルを備えた住まいを志向することは、いたって自然な流れであると言えるかもしれません。

シェアハウス選びの注意点

家賃が安いだけでシェアハウス選びをする方も多いようです。初めてシェアハウスに住む方が失敗しないように、シェアハウス選びのコツをご紹介します。

まずは信頼できる管理会社を見つけることが大切です。 認知度が定着し、部屋選びの一つの選択肢として一般化してきたシェアハウスですが、悪質なシェアハウス管理会社もいますので、以下に挙げる点には十分注意が必要です。まずは注意すべき3つの点をしっかり抑えましょう。

1. ちゃんとしたハウスルールや契約書があるかどうか。
2. 問い合わせのレスポンスが早いかどうか。トラブルがあった時、迅速に対応してくれるかどうか。
3. 建物を定期的に巡回しているかどうか。

1. については、必ず確認しましょう。禁止行為(友人の宿泊や異性の訪問)、毎月の支払い (家賃の他に掛かる費用、共益費に含まれるものは何か)、共用施設の利用 (有料か無料か。利用可能な時間。)など、シェアハウスで暮らす上で、しっかりとしたハウスルールがあるかどうかはとても重要です。もちろん入居者としてもルールを遵守する必要があります。ハウスルールが曖昧だと後にトラブルになることもあります。管理会社がちゃんとしたハウスルールを設定してくれていれば、入居者の間でも共通認識が取りやすくトラブルを未然に防ぐことができます。

2. のレスポンスの早さはとても重要です。例えば、水漏れや家電品の故障などトラブル発生時は、運営会社に連絡することになりますが、全く連絡がつかず復旧するまでに時間が掛かるなんてこともあります。最初の問い合わせ時からしっかりと見極めましょう。

3. 他者と暮らすシェアハウスでは、小さいトラブルはつきものです。建物などハード面はもちろん、入居者同士の人間関係のトラブルも定期的に巡回してくれる管理会社であれば、トラブルが発生する前に事前に防ぐことができます。日頃から頻繁にコミュニケーションがとれていたら安心ですよね。入居者任せで放ったらかしで、共用部の清掃が全くされない、個人の物が放置されている物件の管理会社は要注意です。

次に、信頼できる管理会社を見つかったら、自分の希望にあったシェアハウスを探しましょう。単身向け賃貸住宅 (アパート)と違って、シェアハウスは駅徒歩○分、部屋の広さや設備、家賃など簡単に選ぶことができません。管理会社毎に様々なコンセプトや特徴のあるシェアハウスの中で、希望にあったシェアハウスを見つけるのは大変な作業になってしまいます。予算なのか?立地なのか?部屋の広さや日当りなのか?設備が充実していることなのか?どんな人が暮らしているのか?すべて希望にかなったシェアハウスが見つかることがベストなのですが、なかなかすべてが希望通りのシェアハウスは見つからないものです。そこで様々な要素の中で自分にとっての優先順位を予め決めておくことはシェアハウス選びをする上でとても有意義です。

シェアハウス『C’s(Si:s) share』が選ばれる理由

C’s(Si:s) shareは女性専用に特化し、女性のための「ゆとりと安心」のある暮らしを提供しています。

5つの”C” 。

・Concept: 素敵なインテリアデザインと設備
・Community: 交流のある暮らし
・Comfortable: 快適な生活空間
・Cleanliness: いつもきれいな住環境
・Convenience: 女性目線で選んだ便利な設備

シェアメイトが共に暮らし、共に助け合い、共に刺激をうけ、「ただいま」「おかえり」と言い合える【第二の家族】になれるようなシェアハウスを私たちC’s(Si:s) shareは目指していきます。 C’s(Si:s) shareでシェアハウス暮らしをはじめてみませんか?

1. 家具・家電付き

ひとり暮らしを始める時、家具や家電を買い揃えるのは何かと大変です。生活に必要な家具や家電はもちろん調理器具や食器までほとんど揃っています。

2. 安心セキュリティ

各個室に鍵がついているのは当然。玄関もコピーやピッキングのできないカードキーを採用しています。

3. 駅から近い

C’s(Si:s) shareの物件は大阪・阪神間の人気エリア・沿線だけを厳選しています。しかも駅から10分以内の立地にこだわっています。

4. 広いリビング・キッチン

広いリビングやシステムキッチン等、普通一人暮らしではできないこともC’s(Si:s) shareなら手に入ります。

5. 充実した水廻り

5人に対して1つのトイレ・洗面・バス・洗濯機を用意しています。だからあまり混み合うこともなく利用できます。

6. 家族的コミュニティ

入居人数5~10名の小規模ハウスですから、シェアメイトと名前で呼び合える「第2の家族」のようなコミュニティがつくれます。

7. 光インターネット

館内どこでも無線LANが利用できます。料金も共益費に含まれ、個人でプロバイダ契約することがないのでお得です。スマホもOK。

8. バスタブあり

女性にとって大切な入浴の時間。ゆっくりお湯につかることができます。当然ワンルームと違いトイレ・バスはセパレート。(一部シェアハウスを除く)

9. 清掃サービス

わずらわしい掃除当番がありません。お風呂やトイレも週1回清掃スタッフが掃除します。

10. 充実した消耗品

トイレットペーパーや洗剤、ゴミ袋も共益費に含まれています。わずらわしい買物当番や金銭トラブルもありません。

11. 敷金・礼金不要

敷金、礼金、仲介手数料等頂きません。所定の審査に通れば、デポジットも保証人もありません。

12. ひとつ上の品質

オーブンレンジ、ミルミキサー等をはじめ調理器具の一つひとつに女性の目線でこだわったひとつ上のものを用意しています。

13. おしゃれで非日常的暮らし

ワンルーム暮らしでは決して味わうことができないコンセプトデザインされたおしゃれなリビング。シェアだからできるひとつ上の暮らしがそこにはあります。

↑PageTop